システム開発(アジャイル・スクラム)とか色々

スクラムについてのアウトプットだったり、時々お気に入りのものなど。

ワーク・ルールズ!を読んで面接のやり方を工夫するメモ

はじめに

業務の隙間で人事関係の業務を細々やっていたりするのですが、手が回っていなかったり、そもそも今の現場にフィットする人を見つけられる手法が取れているのか?と疑問に思ったので改善を進めようと思いました。

今回はワーク・ルールズ!の主に第5章を読んでぼやっとやってみようかなということをまとめていきます。

book.toyokeizai.net

面接における確証バイアス

面接でよくあるアンコンシャス・バイアスの1つとして、確証バイアスがあります。

これは面接や面談をしてきた人ならイメージ湧くと思いますが、第一印象や最初に感じたイメージの答え合わせをするような質問をして、矛盾することは無視してしまうといった内容です。

rework.withgoogle.com

本書では『直感を信じてはいけない』と書かれていましたが、確証バイアスによる問題点だけでなく、面接官が固定されてしまえば特定の人に負荷が集中したり、採用もスケールしなくなるので、読み進めるなかでも構造化面接を取り入れてみようというモチベーションになりました。

活躍している人の人物像を考える

本題に入る前に、今の現場で活躍している人のスキル(や一緒に働きたい人)を考えてみます。

学習意欲の高さ、新しいことに積極的な姿勢、様々なステークホルダーを巻き込んで物事を前に進めるリーダーシップあたりがパッと思いつきましたので、もう少し言語化したうえで、それを確認するための質問を考えるのが良さそう。

Googleでは4つの要件について定義しているようです。

rework.withgoogle.com

構造化面接について知る

Googleでは行動面接と状況面接の組み合わせで構造化面接を作っています。

フレームワークとしては、STAR面接というものがあり、状況、課題、行動、成果を順に掘り下げていきます。

行動面接では、過去の行動をSTAR面接を使って掘り下げていき、状況面接では、架空の状況ときにどういった行動を取るのか質問していくイメージ。

https://media.bizreach.biz/7697/(構造化面接とは? Googleも採用している採用ミスマッチを防ぐ3つの重要ポイント | BizReach withHR]

rework.withgoogle.com

公平に判断するための評価尺度

評価するための尺度が必要ですが、各面接官が求めるレベルの高さがバラバラだと意味がありません。

例えば、とても良いからとても悪いの5段階で評価するグラフィックレーティング尺度といったものがありますが、これだと暗黙的すぎて基準を揃えるのが大変そうです。

目線の合わせやすさ的にも、行動基準評定尺度(BARS)が良さそう。

mitsucari.com

さいごに

まずは人材の要件をもう少し明確化するところからですが、今回学んだことを活かして採用活動頑張りたいと思います。

システム思考の研修(基礎編)を受けたのでメモ

はじめに

アジャイル的な文脈の勉強をしているとシステム思考というワードをよく見かけており、ちょろっと本読んだり、前々から興味がありました。

最近開発チームの人数も増えてきて、結構複雑な問題を扱うケースが増えてきたので、役立ちそう!というモチベーションで受講したという経緯。

システム思考とは

システム思考は、複雑な状況下で変化にもっとも影響を与える構造を見極め、さまざまな要因のつながりと相互作用を理解することで、真の変化を創り出すためのアプローチです。

www.change-agent.jp

オレオレ三行くらいでまとめると、相互作用のある要素や構造をシステムとして捉え、ループ図といったツールを駆使しながら、大局的な視点でものごとを見たり、思考するアプローチです。

細かい話はワークショップベースでかなり理解しやすいように研修で説明していただけるので、 チェンジエージェントさんのサイトへGO!という感じですが、忘れないうちに気付きをまとめておこうと思います。

大局的に見たときに巻き込むべき人を巻き込めているのかということ

仮に作れば作るだけ車が売れる世界線があったときに、一応各企業環境を気にして生産していたところ、そのうち1社が無尽蔵に車を作り続けて環境汚染が進みました。

結果的に外に出れない世界になり、誰も車を買わなくなってしまっては、そもそも事業の継続ができなくなってしまいます。(まあ普通は規制とか業界から圧力とかあるでしょうけど)

1人が生み出している構造によって全体が破壊される懸念もあるということを念頭に、問題解決にあたって巻き込まないといけない人は誰なのか、その人に働きかけができているのか、改めて考えるきっかけになりました。

手段色が強い

システム思考では、全体を見渡したときのパターンを捉える「時系列変化パターングラフ」や構造を捉える「ループ図」など、問題の解決策を考えるうえでのツールを提供してくれます。

しかし、問題を解決する銀の弾丸ではないので、問題を引き起こしている要素がそもそも何なのかを考える力が必要であり、フレームワークを用いた思考法や「これだ」というポイントを見つけるための知識は広範に必要だと感じました。

ただ、使えば視覚としてイメージできた状態から考えられるので、「これ何から手付ければいいんだ...」というところからは一歩進んだ状態で始められると思います。

www.change-agent.jp

www.change-agent.jp

さいごに

業務都合で基礎編しか受けることができなかったのですが、自分でループ図描いてみてそのうち実践編にもチャレンジしたいなと思いました。

あくまでも基礎編ベースの知識なので、何か気になることがあればコメントいただけると幸いです。

モチベーション理論の系譜についてざっとまとめ

はじめに

下記記事で人的資源管理論について触れたので、流れでモチベーション理論についてまとめていきたいと思います。

daimyo-blog.hatenablog.com

人的資源管理論の捉え方

以前の記事でも触れましたが、人的資源管理論は個人を分析しており、そのことからモチベーション理論の範疇と言われています。

モチベーション理論は「動機づけの要因」そのものを研究する実体理論、モチベーションが生まれる心理的カニズムやプロセスを研究するプロセス理論に分かれます。 (人的資源管理論は前者の実体理論の範疇)

それぞれの有名な研究を見ていくことにします。

実体理論

マレーの欲求理論

人間は欲求を持っており、それを満たそうとするプロセスとして説明する理論です。 マレーは人間の欲をリスト化した、欲求リストをまとめました。

medium.com

マクリーランド(マクレランド)の欲求理論

従業員には、達成・権力・親和の3つの動機ないし欲求が存在するという理論を発表しました。

leadershipinsight.jp

さいごに

眠くなってきたので明日以降に追記します、、

組織論についてまとめてみる②:組織の有機体観

はじめに

以下記事の続きになります。

daimyo-blog.hatenablog.com

組織の有機体観とは

組織を機械として捉えるところから有機体、つまり組織を生物のように理解する方向へと変わっていきました。 有機体観の学派も2つあり、1つは初期人間関係論、もう1つは近代組織論と呼ばれるものです。

初期人間関係論とは

その名の通り、組織における人間関係の重要性を説いているもので、名前の聞いたことある人がずらずら出てきます。 それでは、有名な研究を見ていきましょう。

ホーソン実験

メーヨーやレスリスバーガーが参加したもので、大きく分けて4つの実験が行われました。

この実験結果によって、人間関係が組織の生産性を規定しているという、今までの古典的管理論を否定し、初期人間関係論が生まれました。

the-owner.jp

その後、初期人間関係論が発展して2つの学派に分かれていきました。

リカートのリーダーシップ論(=ミシガン研究)

1つ目がリーダーシップ論。

初期人間関係論がコンセプトとなっているのでお察しだと思いますが、高生産性チームのリーダーは厳格に管理するのではなく、人間関係に気を配っているというもの。

leadershipinsight.jp

人的資源管理論(=後期人間関係論、新人間関係論)

2つ目が人的資源管理論です。

初期人間関係論と異なり、個人にフォーカスする理論が生まれてきました。 これには、有名なモデルと理論が3つあります。

アージリスの自己実現人モデル

マズロー欲求段階説をベースに、人は組織のなかで自己実現欲求を満たそうとするという主張をしました。

www.books-sosei.com

マクレガーのX理論・Y理論

X理論は、人は怠け者で、アメとムチによるマネジメントが求められるというもの。 Y理論は、人は条件次第で責任を受入れる存在なので、機会を与えるマネジメントが求められるというもの。

leadershipinsight.jp

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論(=2要因理論)

職務満足の度合いを、満足をもたらす動機づけ要因と不満足をもたらす衛生要因の2つに分け、それぞれ別物だと定義しました。

leadershipinsight.jp

さいごに

相変わらずこれを参考にしています。

www.amazon.co.jp

組織論についてまとめてみる①:組織の機械観

はじめに

つまみつまみ組織論についてお勉強してたりしますが、時系列で整理できていなかったのでまとめようと思いました。

導入

いわゆる組織構造論の展開に貢献した組織観(メタファー)は2つあり、1つは組織の機械観、もう1つは組織の有機体観と呼ばれるものです。

その名の通り、機械観とは組織を精密機械のように捉えるもので、有機体観とは組織を生物のように理解するものです。 当初は機械観が支配的だったところに、有機体観という新しいメタファーが生まれました。

note.com

組織の機械観とは

それでは組織の機械観について詳しく見てみます。機械観の学派は2つあり、1つは古典的管理論、もう1つは官僚制組織論と呼ばれるものです。

古典的管理論

古典的管理論には有名な理論が2つあります。

テイラーの科学的管理法

1900年代初頭の時代背景として、組織的怠業等、いくつもの経営的問題が発生しており、それを解決するための方法として生まれたのが、この科学的管理法というものです。 その後生まれる理論と比較すると、人間を機械というか歯車のように捉えるイメージ、まあこれは有名なやつですね。

schoo.jp

ファヨールの管理原則論(=管理過程論)

企業活動を6つに区分し、そのうちの『管理活動』について、さらに14の管理原則をあげている理論です。 だから、管理原則論と呼ばれるわけですね。

liberal-arts-guide.com

官僚制組織論 (=ビュロクラシー論)

次にウェーバーヴェーバーとも)の官僚制理論です。 ピラミッド組織を経験している我々がイメージするような官僚的組織の理論で、標準化、階層性、没人格性の3つの特徴があります。

www2.rikkyo.ac.jp

mba.globis.ac.jp

さいごに

今日はここまで!続きは組織の有機体観からです。

参考書籍

www.amazon.co.jp

Scrum Fest Niigata 2022@Day1終了後の雑談会のはなし

はじめに

仕事と育児でDay1参加できなかったんですが、おうちで日本酒を飲みながら雑談会からDiscord参加。 つくづく自分の圧倒的知識量のなさに辟易しましたが、オンラインも学びが深かったので酒で流れる前にまとめます。

フレームワークについて

スクラムやっててフレームワークという単語に慣れていたのであんまり深く考えたことはなかったですが、例えば人事の人とかにフレームワークってなに?っていうのを伝えるのが難しいみたいな話をしてました。

「制約を課すことで自由を手に入れる」みたいな話が印象的で、その考え方はなかったなー。 あとはこのあたりの本のはなしとか。

Amazon - 正統とは何か | ギルバート・キース・チェスタトン, 安西 徹雄 |本 | 通販

当たり前は変わる

狩野モデルの当たり前品質のはなしから、当たり前は時代によって変わるみたいな文脈からノーマライズのはなし。

ある事象に対して、一般的な出来事として承認する意味づけを、心理学では「ノーマライズ」(「丸つけ」)といいます(若島,2018)。

note.com

ORSC

最近受けたという話をよく聞くORSCのはなし。 某アジャイルコーチの書籍がORSC要素強いらしく、もうちょっとコーチング学んだら受けてみたいなー。

あとはこのあたりでふりかえりのはなしとか、あんまり見かけないソースとか紹介してもらった。

www.goretro.ai

www.infoq.com

4つの毒素

関係性を阻害する要因は「非難」、「防御」、「侮辱」、「逃避」の4つあるとのこと。 逃避しがち、、

kao-space.com

正しくやるのと効果が出るのは違う

これはこの通り、だけど正しくやるのを追求するのも重要。 スクラムもそうだと思いますが、目的を考えるのと、やり方を変えるなら目的からずれないようなものなのか考える。

毎回Terraformのmoduleの動きを忘れるのでメモしておく(Azure)

はじめに

インフラタスクって初期にどかっときたり、スプリント毎に小出しに出てくるのでしばらく触ってないと毎回リセットされて困っているのでメモっときます。

普通の書き方はドキュメント見ればってことで、普段使っているmoduleについてです。

ざっくり概要

moduleとはリソース単位でテンプレを作って、そこに変数を渡してあげることで汎用的に使い回せることができる便利なやつです。

DevelopとProductionでSKU変えたいとか、環境毎に差分が発生するようなケースで便利です。

むっちゃ簡単に解説するためにリソースグループとストレージアカウントだけ作ってみて、moduleとoutputの動きを確認します。

解説

ソースにコメント載っけながらの方がイメージしやすいのでそうします。

main.tf

module "resouce_group" {
  ## sourceでmoduleというかテンプレート側の場所を指定 
  source = "../modules/resource_group"

  ## 左辺にはテンプレート側のvariableの引数名と同一名称を指定、
  ## 値を渡さなければテンプレ側のdefaultの値が使われるので、
  ## ここで渡すと上書きされるんだな〜という認識でOK
  resource_group_name     = var.resource_group_name
  resource_group_location = var.resource_group_location

}

module "storage_account" {
  source = "../modules/storage_account"

  storage_account_name             = var.storage_account_name
  ## outputの指定方法はmodule + 『module "XX"』のXX(ここならmodule "resouce_group" のresouce_group)+ 『output "YY"』のYY
  resource_group_name              = module.resouce_group.output_resource_group_name
  storage_account_location         = var.storage_account_location
  storage_account_account_tier     = var.storage_account_account_tier
  storage_account_replication_type = var.storage_account_replication_type
}

module(resource group)

resource "azurerm_resource_group" "resource_group" {
  name     = var.resource_group_name
  location = var.resource_group_location
}

variable "resource_group_name" {
  type        = string
  description = "Resouce group name."
  default     = "default_resouce_group"
}

variable "resource_group_location" {
  type        = string
  description = "Resouce group location."
  default     = "Japan East"
}

output "output_resource_group_name" {
  description = "Resouce group name."
  value       = azurerm_resource_group.resource_group.name
}

module(storage account)

resource "azurerm_storage_account" "storage_account" {
  name                     = var.storage_account_name
  resource_group_name      = var.resource_group_name
  location                 = var.storage_account_location
  account_tier             = var.storage_account_account_tier
  account_replication_type = var.storage_account_replication_type
}

variable "storage_account_name" {
  type        = string
  description = "Storage account name. Symbols cannnot be used."
  default     = "defaultstorageaccount"
}

variable "resource_group_name" {
  type        = string
  description = "Resource group name."
  default     = "default_resource_group_name"
}

variable "storage_account_location" {
  type        = string
  description = "Resouce group location."
  default     = "Japan East"
}

variable "storage_account_account_tier" {
  type        = string
  description = "Types of storage accounts, e.g. Standard general-purpose v2."
  default     = "Standard"
}

variable "storage_account_replication_type" {
  type        = string
  description = "Replication type."
  default     = "LRS"
}

最後に

サクっとやったので適当でごめんなさい。きれいにしたらGitHubにあげます。